SSブログ
前の20件 | -

その2、発芽と鉢の準備 [マイ・アサガオ ' 21]

種を蒔いた翌日から急に17度と寒くなり発芽が遅れています。

種蒔きは同じ日に行ったにもかかわらず

なぜか発芽した苗床は一つだけです。

何が原因なのか?少し心配です。

そこで今日は鉢の準備として洗浄と消毒をしました。


1.jpg

5.12現在


いつもなら一斉に芽吹くのですがパラパラ不揃い。

他の苗床は、3日めでも芽が出ない。

この2日後、出揃ってきました。

5.14.JPG

4.14の苗床

ほかの苗床も数本目を出しました。

もう少し待って、出なかったらもう一度蒔きます。

とりあえずやらねばならい小鉢と本鉢の洗浄を行いました。


4.jpg

小鉢1


高圧洗浄後、鉢の内側と裏側をバーナーで焼きます。

前年のカビ菌や、害虫の卵が鉢内外に残っている場合があるためです。

5.JPG

花壇のダンゴムシもこれで退治しています。


3.jpg

小鉢2

素焼きの小鉢では足らないのでビニールポットも使いますが

中が蒸れて根腐れするため、呼吸をする素焼きの小鉢が最適です。


下図は例年使っている陶製の本鉢3種


2.jpg

7号鉢と5号鉢、右のどんぶり状の鉢は、切込みづくり専用鉢。

切込み鉢は支柱不要なので浅鉢。


8.JPG

去年使った名札も洗浄

 

[サッカー]


なにか味気ないブログなので今日は続き蘭に散文を載せます。

昨夜の日記です。

◆◆◆



続きを読む


タグ:アサガオ
nice!(38)  コメント(17) 

その1、今夏の朝顔づくり始めました。 [マイ・アサガオ ' 21]

大型連休が終わりました。

気温も明日以降は25度以上になるようですので

種まきを始めます。

1.JPG

2.JPG

3.jpg

4.JPG


今夏は、上図のような変化朝顔の種と中輪・大輪約250粒の種を蒔きます。

その前の準備として

2日間かけて以下の作業をしました。

1.昨秋採取した種の仕分け作業

2.芽切作業

3.名札づくり

4.苗床づくり

以下、画像でご紹介します。

1.JPG

これは何でしょう?


2.JPG

じつはこのように昨秋採取した種をネットに入れ

寒中ずっと外気に晒していたネットです。

寒風に晒すことによりいい花が咲くからです。

タネの出来る時期は、種類により少しずつずれるので

出来上がったものから順次ティッシュペーパーに包んで

ネットに入れています。

IMG_3053.JPG

これを仮の小袋に入れます。


次に一覧表を作成し整理番号付けた後

紙コップに品名を入れて3から5粒入れます。


次にこれをカッターを使って芽切をします。

芽切とは

3種2.jpg

×印のところをカッターで切込みを入れることです。

これにより水分を吸収しやすくなり催芽を促すためです。

これがじつに大変!

種が小さいのでうっかりすると指を切ってしまう。

カッター傷は、種の表皮1枚分ですから0.3~0.4mm程度。

(深く切りすぎると双葉が切れてしまいます)

年を取ったので拡大鏡を使っています。

これを今年は、250粒切りました。

4.JPG

風で飛ばされないようにティッシュペーパーで種を覆っています。

この上からぬるま湯で3時間ほど浸種した後種まきします。(明日の作業)


苗床づくり

5.30土づくり(バーミキュライトと培養土の混合3対7.JPG

無菌の人口土、バーミキュリライト80%と、川砂20%の混合苗床。


今日はこれまで。


明日は種まきです。

[サッカー]



タグ:アサガオ
nice!(52)  コメント(21) 

花壇の花その2 オダマキと藤ほか [花と心象]

ここ2,3日気温が上がりましたが、いままでの経験から

朝顔の種まきは、まだやりません。


いま、花壇をにぎわしている花は、キンギョソウとヤグルマギク、

それに一昨年いろはさんから戴いたオダマキの種が

今年はきれいに咲いて目を楽しませてくれています。

以下2枚は八重の白オダマキです。

1.JPG


2.jpg


SSヤマオダマキ.jpg

昨年咲かなかったオダマキです。

このように今年は咲いてくれました。

花弁が開かず、まるでホタルイカのようでしたが

ブログ更新後に開きました。(下図参照)

SSカナダオダマキ 臙脂2.jpg

手前の紫色はヤマオダマキ。

後方の朱色は、カナダオダマキ。


ヤマオダマキは貴重な種類だそうです

(いろはさんからのアドバイス)


キンギョソウは、赤、ピンク、白、黄の四色が咲いています。

11.jpg

風が強くボケてます。


一番好きなのがこの黄色。

キンギョソウ.jpg


カラーは、まだ元気に咲いています。

ヤグルマギクとともに切り花にして飾りました。

6.jpg


カラーを墨絵にしてみました。

7.jpg


エニシダも咲き始めました。

4.JPG


ここ数日の暑さで藤は盛を過ぎましたね。

5.jpg

この藤をモデルに短冊の墨絵を描きました。

続き欄に載せます。

続きを読む


タグ:花壇の花
nice!(65)  コメント(19) 

チューリップにムスカリが良く似合う [花と心象]

前回、千葉県佐倉市の

フェステイバル開催前のチュ-リップ畑を紹介しましたが

今回は、都内立川市の国立昭和記念公園のチューリップを紹介します。

みなさんが既に掲載していることでしょうから

お気に入りのムスカリに照準を当てて

3点紹介します。

3.jpg

佐倉の畑は種類ごとに整然と植えられているのに対し

昭和記念公園のチューリップは、

いろんな種類の花をランダムに咲かせて

楽しませてくれます。


1.jpg

そんな中、チューリップを引き立たせているのが

ムスカリの群落です。

とくに気に入ったのが白とブルーのコントラストの下図です。


4.jpg

花盛りの今日の天気は雨模様、週末も雨のようです。

東京では今日からコロナの「蔓延防止等重点措置」の適用が始まりました。

今年も観てくれる人が少ない公園になりそうです。

※この写真は、古いものではありません。

人ごみの少ない時間帯を利用して訪ねた先週末の写真です。

[サッカー]

nice!(54)  コメント(13) 

ポニョのいた崖前はチューリップの花盛り [花と心象]

昨年の夏、

2か月近くも崖の上から下りようとしない子ヤギを覚えていますか?

アニメ映画の『崖の上のポニョ』と同じ名がつきました。

2.jpg

生後5か月のポニョ

俯瞰で見ますと(下図)崖の様子がよくわかります。


ポニョはここが気に入り、

下りてこようとしなかったのです。

いまは、ちかくの子供遊園地「草ぶえの丘」で暮らしています。

近くに住む住民をハラハラさせたのは、

この崖下に京成電車が走っているからです。

当時崖の正面は、なにも生えていない広大な畑地でした。

しかし、今は色とりどりのチューリップで輝いています。

この光景をポニョに見せたかったなと思います。

1.jpg

ここは、「佐倉ふるさとひろば」のチューリップ畑です。

崖下から印旛沼方角を眺めると一番奥は桜並木になっています。

3.jpg

桜の奥の川を渡った森の向こうに

ポニョの現在の住まい「佐倉草ぶえの丘」公園があります。


20.jpg

現在のポニョハウス


4.jpg

5.jpg

シンボルの風車


9.jpg


10.jpg


8.jpg

遊歩道の向こうは印旛沼の一部。

手前を歩くおじさんは宙に浮いているようですが竹馬歩行中。


11.jpg

ビロードのような色合い。


12.jpg

500円払うと好きなチューリップを球根ごと10本掘って持ち帰りができます。


13.jpg

逆光で捉えると質感が出る。

崖はかなり急峻です。


14.jpg

八重の黄色

奥の建物は物産店


15.jpg

紅色の八重、金属のような輝きがある種


16.jpg

八重桜のような色合いが一番気に入りました。


次にポニョの住む「草ぶえの丘」公園に向かいましたが

密なので入るのをやめ園前の森林に入ってところ

ウラシマソウの群落に出会いました。

17.jpg


[サッカー]


nice!(59)  コメント(14) 

小さな花壇は花盛り [花と心象]

早いもので今日から4月ですね。

先月は、中旬以降に身内と恩師の不幸が重なり

ブログ更新がおろそかになりました。

そろそろ本来の花のブログをあげなければと思い

きょうはうちの小さな花壇の現況をビジュアルで紹介します。

現在は21種類の花が競うように咲いています。

1.jpg

赤葉紅花トキワマンサク


1.jpg

枝垂れ朝顔を吊るすモミジにも若葉が・・・


16.jpg

遠景でわかりませんが、たくさんの花芽がついています。

このモミジから生まれた若木が盆栽(下図掲載)で育っています。


4.JPG


3.jpg

いろはさんから戴いた種から生まれたカナダオダマキ


2.JPG


5.JPG

去年こぼれた種から生まれたキンギョソウ


6.JPG

スノーフレーク


7.JPG

マーガレット


8.JPG

バイモユリとカナダオダマキ


9.JPG

バイモユリ。手前はチューリップの蕾

10.JPG

リナリア ピンク(ヒメキンギョソウ)


11.JPG

ヤグルマギク(臙脂)


12.JPG

ヤグルマギクのつぼみ(ブルー)


14.jpg

チュ-リップ


15.JPG

原種に近いチューリップ


17.JPG

カラー


18.JPG

オステオステルムムとビオラ


19.JPG

アルメリア


13.JPG

キンギョソウ 白




3.jpg

夏の季節、朝顔の鉢を並べるところの今はこんな感じです。

中央のモミジの盆栽は昨年初めてトライしたもの。

半数近くが枯れてしまったので

あらたに芽吹いたばかりの苗を10本植えました。


4.jpg

実生のモミジ盆栽


[サッカー]




◆朝顔の種まきは、気温が25度になるまで

待ちます。発芽率がいいからです。




タグ:花壇の花
nice!(63)  コメント(15) 

千葉県知事選の感想 [長く生きてりゃ・・・]

千葉県知事選挙は、史上最多の8人が立候補しました。
勝利したのは、本命の熊谷俊人元千葉市長です。
当選おめでとうございます。
1.JPG

★1.jpg

当選確実となった直後の熊谷氏。


以下は確定票です。

IMG_20210323_0001.jpg


今回候補者の中には、県の未来などどうでもいいといったような

候補者がいてネット上では

全国の笑いものになっていました。

例をあげると

「わたしが当選したら千葉県全体をデイズニーランドのように

テーマパークにします」

「わたしが当選したら小池百合子都知事にプロポーズしたいので

県民の方々宜しくお願いします。」

「マスクを外そう。ワクチンは危険だから打つな」

自分の恋人に対して「ちなつさん、好きです、結婚してください」等々。

政見放送は、もうカオス状態でした。

今の森田健作知事が芸能界出身だからでしょうか?

現在の放送法では、こんな政見放送でもカットできないらしい。

得票結果をみるとこういう人にも

10.000票以上入っていることに驚きを感じます。


新知事熊谷氏は、31歳で全国最年少の千葉市長になった人です。

勤勉で誠実、判断力やフットワークの良さは

大阪府の吉村 知事に似ています。

県の未来が明るくなったような気分です。


墨の県展には毎回足を運んでくれます。


★2017.5「市長賞作品」の前で_edited-1.jpg

4年前、暁烏の「市長賞」受賞作品前で。


親子のように並んでいますが、

この時、熊谷千葉市長39歳、こちらは74歳の爺です。

翌年の展覧会には、

市長選挙投票日にもかかわらず駆け付けてくれました。

身近な青年が知事になった気分はいいものです。

[サッカー]





タグ:知事選挙
nice!(48)  コメント(11) 

葉っぱや枝が伸びないうちに

暖かさがものすごい速さでやってきましたね。

墓参りの今日は汗をかいたほどです。

IMG_2835.JPG

墓参り用の花


自分にはこの時期にやらねばならない仕事があります。

立木と竹の伐採作業です。

2.jpg

1.jpg



今回もプロの手を借りて3日間作業したのですが

まだ半分も終わりません。

毎年孟宗竹と真竹を合わせると300本近くの筍が生えてきます。

4.jpg

昨年の真竹の筍。こんな具合です。

IMG_2051.JPG

細い棒状のものは前年に伐採した後に出てきた篠竹の筍。


8.jpg

高低差があるため切った竹で足場を作る。


切っては捨て、捨てては又切ることを繰り返しています。

筍が生えないうちに処理しないと

あっという間に伸びて竹林になってしまうからです。


竹を枯らす薬剤もあるのですが、近隣に畑や田んぼがあるため

他の方法をとっています。

冬場に地面から1m位残して竹を切ると

周りの竹も枯れるという方法です。

IMG_8359.JPG

IMG_8365.JPG

根こそぎ取らないとまたしぶとく出てくる。


6.jpg
7.jpg
ェンシング協会の会長が剣をチェーンソウに変えて格闘です
立木も毎年伸びてきます。
古い木は胴回りが2m以上あって、もう素人の手には負えません。
葉っぱが生えるとかさばって後片付けに手間がかかりますから
今のうちに伐採しないと面倒になります。
1615279318769_.jpg
1615279299340_.jpg
IMG_2055.JPG
昨年の残滓
9.jpg
ユンボで整地
重機で昨年の残滓を処理してこの日は終わりです。
この作業の利点は、野外なので
密にならないことと
運動不足解消になります。[サッカー]


タグ:竹林伐採
nice!(27)  コメント(4) 

墨絵と彩色模写で暇つぶし [水墨画]

相変わらず外出自粛なので掲載できるものは
限られてしまいます。


花壇の草花は、にぎやかになってきました。

シュンランとバイモユリも咲いています。


SS春ラン2.jpg

シュンラン

 

SSバイモユリ.jpg

バイモユリ



これは一週間遅れの雛祭りの駄作です。

★SSひな人形.jpg

かかあ殿下 笛吹けど踊らず


今回は、新しいことにも挑戦。

広重の『阿波 鳴門の風波』を顔彩で描いてみました。

★★SS広重画模写はがき.jpg

版画に似せた模写です。

(千鳥を省きました)


[サッカー]




nice!(38)  コメント(11) 

無名の老人と文豪の共通点は? [長く生きてりゃ・・・]

2か月ぶりに電車に乗りました。

絵筆と顔彩を買うためです。

帰りに新装後の市川市役所を初めて覗きました。

市役所とは思えぬ広々としたロビーに驚きです。

市長専用シャワー室の建設が問題になっているせいか

大勢の人が集まっていました。

ここで思いがけない人に出会いました。

永井荷風先生1.jpg

身長180cm位、晴れていても、コウモリ傘を持って歩く紳士です。


若いかたはご存じないかもしれませんが・・・・答えは続きに・・。

◆◆◆

続きを読む


nice!(45)  コメント(8) 

我慢の中で [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

3月に入ったらコロナワクチンを接種できると

期待していましたが

4月~5月になりそうですね。

我慢の中でできることは限られます。

せめてもの楽しみだった日光浴も

今日は曇りでビタミンDは、摂れません。

そんなわけで今日も絵の練習で一日を過ごしました。

★★屈斜路湖の夕暮れ.jpg

屈斜路湖の夕暮れ(スケッチブックの水彩画)



★★SS子猫二匹額入り.jpg

先週より一匹増えました。(和紙の墨絵)

猫の絵はまだ2枚目です。

裏打ち前なので背景が波打ってますが・・・。

二匹いても餌代がかからないので助かります。


★★秋田東成瀬村_雅印入り.jpg

秋田東成瀬村の冬

この墨絵は

スケッチブックに早描きしたのでちょっと雑な出来上がり。

墨絵がだいぶ貯まったのであしたは裏打ちで暇つぶしです。


タグ:水彩と墨絵
nice!(44)  コメント(7) 

墨絵と水彩画で暇つぶし [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

日本海側は北から南まで大雪、まだまだ春遠しですね。

外に出ればコロナ感染が怖い。

ワクチン接種と本格的な春が待ち遠しい日々です。

このような状況下

みなさんはどのような過ごし方をしているのか気になります。

自分は、今年に入り墨絵に加え

水彩画に挑戦しています。

★★SSいたずら猫.jpg

今日の午前中に描いた墨絵


下図は、先週描いた水彩画の習作です。

SS十勝千年の森.jpg

「十勝千年の森」山羊の放牧場

水彩の出来は、才能無しです。年末までには凡人レベルに近づきたい・・・

十勝は、過去に墨絵でこんな絵を描いています。


★★★『十勝早春』 第41回墨の県展 受賞作品 .jpg

上図は2017年の駄作です


絵の他に今週は単行本を2冊読破、

『人との出会い』と題した散文を2880字書きました。


きょうはこれまで。

[サッカー]

nice!(48)  コメント(11) 

だめ・だめ・もり・もり [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

★.jpg

不要不急の用事がない限り外出を控えてください、という

緊急事態宣言下ではありますが、カツオ人間のわたしの場合、

じっとしておりますと息絶えてしまいます。

人込みを避け、森や田んぼのある郊外まで車で移動し、

一日8,000歩を目安に歩いています。

 きょうは、目標の歩数に達したあと公園のベンチで一休みしました。

公園ではジャージを着た高校生の運動部員らしき集団が合唱し、

盛り上がっていました。

曲は、かつて芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんがTVドラマのエンデイングに

踊りながら歌っていた「マル・マル・モリ・モリ」ですが、

なんと替え歌で盛り上がっていたのです。

 その内容に抱腹絶倒!です。

すべて聞き取れたわけではありませんが

聞きかじりを「続き欄」に書いてみます。

◆◆◆

続きを読む


タグ:おかしな歌
nice!(44)  コメント(4) 

気まぐれ日記‐STRAY CATその7 茶太郎かわいや別れの辛さ [長く生きてりゃ・・・]

 


 ちょっと古くなりましたが、


西田敏行の『もしもピアノが弾けたなら』が一時大ヒットしましたね。


わたしは、一曲だけ弾けるんです。


ただし、イントロだけ。


題名は知りませんが


[るんるん]ネコ踏んじゃった、ネコ踏んじゃった※・・・という曲です。



 このたびの出来事は、笑えません。



[るんるん]ネコ死んじゃった、茶が死んじゃった…からです。


1.jpg


茶太郎の遺影



本文は続き欄に記します?


◆◆◆

続きを読む


タグ:茶太郎
nice!(56)  コメント(13) 

今日は節分 [長く生きてりゃ・・・]

わが家には、鬼が一匹。

豆まきを家人に任せると「鬼は外!」と

追い出されるのが関の山。

豆を撒く代わりに下手な絵をそっと描きました。

自画像かもしれません。

今日はこれだけです。

SS豆まき 鬼とおたふく.jpg

次回は金曜日頃、久しぶりに

気まぐれ日記‐STRAY CAT   その7を載せます。 

愛猫との悲しい別れです。 

タグ:墨絵
nice!(33)  コメント(7) 

大相撲の深読みー国技館砂かぶりの妖精 [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]


水曜日の夜は楽しい。

『刑事コロンボ』のTV再放送が観れるからです。

この放送が終わった午後10時半過ぎから

そろそろブログ更新でもしようかと

パソコンを開き

昨夜一気に書いた日記をここに紹介します。

座敷童子(ざしきわらし)?が、国技館にもいる実話です。

ご興味ある方は、続き欄をお開き下さい。

1.jpg

この中に居ります。当ててみてください

◆◆◆



続きを読む


タグ:相撲観戦
nice!(43)  コメント(12) 

寒いさなか

4★.jpg


長らくご無沙汰です。

blog再開します。

本年もどうぞよろしく!


nice!(39)  コメント(11) 

旧盆にピークの朝顔 [マイ・アサガオ '20]

酷暑の夏、お見舞い申し上げます。


今夏は7月の日照不足が災いし過去最低の花づくりとなりました。

花芽がつかないうちに芯芽が腐ったり、葉っぱが枯れたり・・・・と。

そんな中で元気に育った直植えの朝顔と鉢植の朝顔を紹介します。


1.JPG

ぼくの好きな瑠璃色の中輪です。実際の色はもっと濃い色です。


16.JPG

淡いピンクの爪覆輪です。(大輪)

「佐倉の桃」か「浪花の桃」???

いつもなら、一鉢ずつテーブルに乗せて撮影するのですが

横着を起こし雑然としたままです。


3.jpg

今夏の枝垂れは、これ一鉢のみ。

右隅上部に白い鉢があるのですが

まっすぐ垂らさず、ヒマラヤスギの若木枝に絡ませました。

理由は、垂れ下げると煉瓦の暑さで蔓が焼けてしまうからです


4.JPG

紫の筋一本の正木系の咲き分けです。

白がベースなのですがなぜか今年は花芯周りが淡いピンクに出ました。


5.JPG

ヘブンリーブルー(洋種)の直植えです。

なぜかどれも変化朝顔のような色合いに出ました。

しかも自力では開けず、放っておけば左のようなつぼみのままで終えてしまします。


6.JPG

本来、白と紫の咲き分けの正木ですが左隅にほんのわずか一筋の紫が出ただけです。

23.jpg

  青打込渦葉に病原菌が入ったのか縮れています。

一鉢で10ケほど咲いています。


11.JPG

外周が五画形で曜白が太く、青の模様が風車の羽のようで面白い。


15.JPG

これは石畳といって切れ咲に変化する種類の親木です。



20.JPG

桔梗咲きの八重

寄せ植えしたのでごちゃごちゃの葉の中に一輪だけ咲きました。


21.JPG

螺旋支柱のてっぺんに咲いた二輪。

上部の花は、白の台咲(花芯に臍がある)の種だったのですが

こんな色に出ました。

 

22.JPG

一鉢7輪。

浅葱色の爪覆輪。大輪の種類ですが少し小さく咲きました。

 

24.JPG

「松嶋」という正木系統の変化朝顔だが花芯がピンクっぽい色が出ました。

本来ならば紫と白の咲き分けです。


25.JPG

木立という種類で蔓を巻かず垂直に茎が伸びる種類ですが

無理に螺旋支柱に巻き付けたものです。

5.jpg

これも大輪のはずでしたが中輪咲きです。

日照不足だけではなく、土づくりを間違えたようです。

22.jpg


3.jpg

6.jpg

1.jpg

朝顔づくり約20年、7月の長雨による日照不足で最悪の出来ですが、

それでもお盆にはそれなりの花盛りになりました。

 


お知らせ

諸般の理由によりしばらく投稿を休みします。

長い間、アクセスいただいた方々に心より感謝いたします。

時節がらご自愛ください。


◆◆


タグ:アサガオ
nice!(52)  コメント(20) 

長雨の中で今日は・・・ [マイ・アサガオ '20]

こんなに毎日毎日雨が続くのは何年ぶりでしょうか?

雨も降るだけ降ったら飽きてしまうだろうと思っていましたが

なかなかやみませんね。

降っているときは、屋根の下に、やんだら表の鉢棚に移動と

マイ・アサガオに気を使ってはいるのですが、

天気予報が狂いびしょ濡れになってしまう日があるのです。

雨に打たれすぎると

花芽と花芽の間の蔓が伸びすぎてしまいます。

その結果、花数が少なくなります。


きょうは、雨の合い間をぬって

1本支柱を数個作りました。



針金の螺旋リング

SS螺旋支柱の針金.jpg

螺旋支柱のつくりかた5.jpg



SS螺旋支柱1.jpg

螺旋状に咲くので
咲いたときの姿がいいのが長所です。
咲くとこのようになります。
★★★日舞藤娘.jpg
出物ヘブンリーブルー.jpg
長雨のなかで果たしてうまく咲いてくれるだろうか.......?




































































































































































































































































































































































タグ:アサガオ
nice!(34)  コメント(6) 

梅雨の晴れ間に [人生とは死ぬまでの暇つぶし?]

日曜日、久しぶりに太陽が出たので

海辺に出てみました。

気温32度。

ヨットハーバーは、黄色のフラッグでしたが

シングルハンド艇が10数杯沖に出ているだけで閑散としていました。

しかし、隣接する浜辺は驚き!

ここはコロナ感染の危機感などどこへやらといった光景が・・・。

1.JPG

ヨットハーバーのとなりの浜辺です。 

遠方ビル左のZOZOマリンスタジアムでは西武対ロッテ戦が行われていました。


2.JPG

振り返ればこちらも若者のオンパレード。

遠方の釣り桟橋にも家族連れがいっぱい!

3.JPG

人だけではありません。

コアジサシの若者(雛)もいっぱい。

ここはアジサシの繁殖地。


早々と退散しました。


コロナ感染者は、ますます増えるでしょうね。



タグ:海辺
nice!(47)  コメント(9) 
前の20件 | -